いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 祇園 > 建仁寺

建仁寺 法堂


 建仁寺の法堂(はっとう)は、仏殿(本尊を安置する堂)と法堂(講堂にあたる)を兼ねるもので、1765年(明和2年)に建立されました。五間四間、一重、裳階付きの禅宗様仏殿建築です。法堂内部の正面須弥壇には本尊 釈迦如来座像と脇侍 迦葉尊者像・阿難尊者像(いずれも釈迦の十大弟子)が祀られています。また天井には、2002年(平成14年)に建仁寺創建800年記念事業の一環として描かれた小泉淳作の「双龍の絵」があります。京都府指定文化財となっています。
 
建仁寺 法堂(写真:2009年10月29日撮影)
建仁寺 法堂
 
建仁寺 法堂の写真
双龍の絵
双龍の絵

本尊 釈迦如来座像
本尊 釈迦如来座像

建仁寺 法堂 地図(Map of Hatto (Main hall), Kennin-ji Temple)、赤色マーカーが法堂のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に建仁寺にある法堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
法堂と周辺の伽藍および見所
1. 法堂
2. 向唐門
3. 方丈:国重文
4. 小書院
5. 庫裏(本坊)
6. 式台
7. 霊照堂
8. 小鐘楼(小鐘)
9. 大鐘楼(陀羅尼鐘)
10. 北門
11. 惣門(西門)
 

 
建仁寺の伽藍と見所および塔頭
勅使門方丈三門法堂向唐門庫裏式台清涼軒東陽坊大鐘楼小鐘楼浴室楽神廟開山堂両足院久昌院禅居庵摩利支天堂安国寺恵瓊首塚栄西禅師顕彰茶碑道元禅師 修行の遺蹟境内地図
ページ先頭(建仁寺:法堂)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.