いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 祇園 > 建仁寺

建仁寺 安国寺恵瓊首塚


 安国寺 恵瓊(あんこくじ えけい)は、桃山時代の僧であり大名だった人物です。
 1538年(天文7年)に安芸国守護職武田氏の家系に生まれました。1541年(天文10年)に大内氏との戦いで武田家が滅亡し、当時4歳だった恵瓊は安国寺に身を寄せ、以後12年間を安国寺で過ぎし仏道を学び、16歳の時に京都東福寺へ入りました。その後、35歳の時に、正式に安芸安国寺の住持(住職)となり、この頃から毛利氏の外交僧として活躍を始めたとされています。羽柴秀頼率いる織田軍が中国地方へ侵攻し、毛利氏を攻めた時には毛利氏の使者として秀吉との交渉に当たりました。後に天下人となった豊臣秀吉は、恵瓊を直臣の大名に取り立て伊予二万三千石を与えました。この時分に、恵瓊は建仁寺の方丈移築をはじめとして東福寺の庫裏の再建など多くの功績を残しています。
 1600年(慶長5年)の関が原の合戦において、恵瓊の主家であった毛利氏を石田光成らの西軍に味方させ、恵瓊自身も西軍の最高首脳として活躍するも、小早川秀明による東軍への寝返りがあり西軍は敗退してしまいました。恵瓊は、毛利家西軍加担の罪により、同年10月1日に京都六条河原で斬首されました。享年63歳でした。
 
建仁寺 安国寺恵瓊首塚(写真:2009年10月29日撮影)
建仁寺 安国寺恵瓊首塚
 
建仁寺 安国寺恵瓊首塚 地図(Map of Ankokuji-ekei-kubizuka, Kennin-ji Temple)、赤色マーカーが安国寺恵瓊首塚のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に建仁寺にある安国寺恵瓊首塚の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
安国寺恵瓊首塚と周辺の伽藍および見所
1. 方丈:国重文
2. 霊照堂
3. 田村月樵 遺愛の大硯
4. 安国寺恵瓊首塚
5. 清涼軒
6. 東陽坊
7. 大書院
8. 小書院
9. 庫裏(本坊)
10. 式台
 

 
建仁寺の伽藍と見所および塔頭
勅使門方丈三門法堂向唐門庫裏式台清涼軒東陽坊大鐘楼小鐘楼浴室楽神廟開山堂両足院久昌院禅居庵摩利支天堂安国寺恵瓊首塚栄西禅師顕彰茶碑道元禅師 修行の遺蹟境内地図
ページ先頭(建仁寺:安国寺恵瓊首塚)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.