いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 祇園 > 建仁寺

建仁寺 両足院


 両足院(りょうそくいん)は、建仁寺の塔頭で、14世紀に龍山徳見(りゅうざんとっけん)を開基として創建されました。かつては、知足院という名称であったといわれ、知足院の寮舎であった也足軒と合併し両足院となったと伝えられています。この両足院は、戦国時代に活躍した武将・黒田長政と縁のある塔頭で、元は鞍馬にあった鞍馬毘沙門天の胎内仏を長政が兜の中に入れ、関ヶ原の戦いで活躍したとの言われがあり、江戸時代を通して黒田家で信仰され続け、明治時代(明治10年頃?)になり黒田侯爵家から毘沙門天像が寄進され、両足院の敷地内に毘沙門天堂が造られ像が祀られています。
公式Webサイト:京都建仁寺塔頭 両足院
 
建仁寺 両足院(写真:2009年10月29日撮影)
建仁寺 両足院
 
建仁寺 両足院 地図(Map of Ryosoku-in Temple, Kennin-ji Temple)、赤色マーカーが両足院のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に建仁寺にある両足院の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
両足院 住所:〒605-0811 京都府京都市東山区東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
 
両足院と周辺の伽藍および見所
1. 放生池
2. 三門
3. 法堂
4. 栄西禅師顕彰茶碑
5. 洗鉢池
6. 道元禅師 修行の遺蹟
7. 楽神廟(楽大明神)
8. 浴室
9. 西来院
10. 両足院
11. 毘沙門天堂
12. 開山堂
13. 霊洞院(建仁僧堂)
 

 
建仁寺の伽藍と見所および塔頭
勅使門方丈三門法堂向唐門庫裏式台清涼軒東陽坊大鐘楼小鐘楼浴室楽神廟開山堂両足院久昌院禅居庵摩利支天堂安国寺恵瓊首塚栄西禅師顕彰茶碑道元禅師 修行の遺蹟境内地図
ページ先頭(建仁寺:両足院)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.