いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 祇園 > 建仁寺

建仁寺 東陽坊


 東陽坊(とうようぼう)は、草庵式二帖台目席の茶室です。豊臣秀吉が1587年(天正15年)に北野天満宮境内において催した北野大茶会の際に、千利休の高弟 長盛(ちょうせい、真如堂 東陽坊の住職)が好んだと伝えられる茶室です。構成や意匠ともに薮内家の燕庵に共通する点が多く見られます。大正時代に建仁寺境内の現在地に移築されました。
 東陽坊の内部は、二帖台目席の茶席、一帖の合の間、二帖台目向板の控室、板の間の水屋から構成されています。茶室の西側には建仁寺の見所の一つとされる「建仁寺垣(竹垣)」が設けられ、茶室南側には秀吉遺愛の烏帽子石が置かれています。
 
建仁寺 東陽坊(写真:2009年10月29日撮影)
建仁寺 東陽坊
 
建仁寺 東陽坊 地図(Map of Toyo-bo, Kennin-ji Temple)、赤色マーカーが東陽坊のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に建仁寺にある東陽坊の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
東陽坊と周辺の伽藍および見所
1. 向唐門
2. 方丈:国重文
3. 霊照堂
4. 清涼軒
5. 東陽坊
6. 大書院
7. 小書院
8. 庫裏(本坊)
9. 式台
10. 北門
11. 正伝永源院
12. 興雲庵
13. だきに天堂
 

 
建仁寺の伽藍と見所および塔頭
勅使門方丈三門法堂向唐門庫裏式台清涼軒東陽坊大鐘楼小鐘楼浴室楽神廟開山堂両足院久昌院禅居庵摩利支天堂安国寺恵瓊首塚栄西禅師顕彰茶碑道元禅師 修行の遺蹟境内地図
ページ先頭(建仁寺:東陽坊)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.