いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物

イワヒゲ


イワヒゲは、ツツジ科イワヒゲ属の高山植物で、常緑の小低木です。
学名:Cassiope lycopodioides (Pall.) D.Don、和名:イワヒゲ(岩髭)
 日本、千島列島、カムチャツカ、アラスカに分布しています。日本では本州中部地方以北、北海道に分布し、高山帯の風当たりの強い岩場の割れ目などに張り付くように自生しています。ひも状の茎に鱗のように葉が生えて、岩の隙間にヒゲがあるように見えることからイワヒゲの名前があります。釣鐘形の白い花を咲かせます。花期は7月から8月頃です。
 
イワヒゲ(写真:2016年7月12日7時20分撮影)、剱岳・早月尾根の雪渓から2800m地点の間にて
イワヒゲ
 
イワヒゲの花(写真:2016年7月12日7時20分撮影)、剱岳・早月尾根の雪渓から2800m地点の間にて
イワヒゲの花
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:イワヒゲ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.