いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物

立山のセリ科高山植物


弥陀ヶ原から室堂平そして黒部ダムまでの間で見ることが出来るセリ科の高山植物の写真です。素人が登山中に見かけた高山植物を撮影しているので、実際にはもう少し多くの種類が自生していると思います。
 
ミヤマセンキュウ(深山川芎)
ミヤマセンキュウ
セリ科ミヤマセンキュウ属の高山植物
亜高山帯から高山帯の草地などに自生しています。茎の高さは40〜80cm。枝先の複散形花序に、直径約2mmくらいの白色の花を多数つけます。
オオハナウド(大花独活)
オオハナウド
セリ科ハナウド属の多年草
茎の高さは1.5-2m。茎は太く中空で、節に密毛を出し、直立して上部で分枝します。分枝した先端に大型の複散形花序をつけ、花は白色の5弁花で、花序の中央部と周辺部の花弁の形が異なり、周辺部の外側の1花弁が大きく、2深裂し、左右相称花となります。
 

 
ハクサンボウフウ(白山防風)
ハクサンボウフウ
セリ科カワラボウフウ属の多年草
北海道、本州の中部地方以北に分布し、高山帯の草地に自生する高山植物です。
キレハハクサンボウフウ(切葉白山防風)
キレハハクサンボウフウ
セリ科カワラボウフウ属の多年草
北海道と本州の中部地方以北に分布し、高山帯の草地に自生する高山植物です。
シラネニンジン(白根人参)
シラネニンジン
セリ科シラネニンジン属の多年草
日本では、北海道と本州中部以北に分布し、高山の日当たりの良い草地と岩礫地および砂礫地などに自生しています。
ミヤマウイキョウ(深山茴香)
ミヤマウイキョウ
セリ科シラネニンジン属
葉の形が細く枝分かれしています。花は、茎の先端に総状の花序をつけ、白い花を咲かせます。
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:セリ科)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.