いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物 / セリ科の高山植物

オオハナウド


 オオハナウドは、セリ科ハナウド属の多年草の高山植物です。
オオハナウドの花
学名:Heracleum lanatum、和名:オオハナウド(大花独活)
日本では、北海道と本州近畿地方以北に分布し、高山から山間地の湿った場所に自生し、北海道では海岸でも見られます。茎の高さは1.5メートルから2メートルくらいまで成長します。茎は太く中空で、節に密毛を出し、直立して上部で分枝します。分枝した先端に大型の複散形花序をつけ、花は白色の5弁花で、花序の中央部と周辺部の花弁の形が異なり、周辺部の外側の1花弁が大きく、2深裂し、左右相称花となります。
 
オオハナウドの株(写真:2012年8月8日、室堂平にて撮影)
オオハナウド
 
オオハナウドの花(写真:2012年8月8日、室堂平にて撮影)
オオハナウドの花
 
下から見たオオハナウドの花(写真:2012年8月8日、室堂平にて撮影)
下から見たオオハナウドの花
 
オオハナウドの茎の密毛(写真:2012年8月8日、室堂平にて撮影)
オオハナウドの茎の密毛
 
オオハナウドの葉(写真:2012年8月8日、室堂平にて撮影)、3出葉5小葉で縁に鋸歯
オオハナウドの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:オオハナウド)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.