いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物 / ユリ科の高山植物

コバイケイソウ


 コバイケイソウは、ユリ科シュロソウ属の多年生の高山植物です。学名:Veratrium stamineum、和名:コバイケイソウ(小梅尅吹j
 中部地方以北、北海道に分布し、山地から亜高山の草地や湿地のような比較的湿気の多いところに生えています。山地草本の中では大型で、高さは1メートルほどになります。6月から8月に穂の先に白い花をつけます。花茎の先端部は両性花、横に伸びる花は雄花です。群生することが多く、初夏の山を代表する花の一つです。葉は、光沢があり硬く葉脈がはっきりとした長楕円形の葉が互生しています。有毒(アルカロイド系の毒成分)であり、食べると嘔吐や痙攣を起こします。名前は、花が梅に似ており、葉が尢魔ノ似ていることに由来しています。
 
コバイケイソウの花
 
コバイケイソウ(写真:2008年7月30日撮影)
コバイケイソウ
 
雷鳥坂の斜面にあるお花畑に咲くコバイケイソウ(写真:2010年8月6日、雷鳥坂にて撮影)
雷鳥坂の斜面にあるお花畑に咲くコバイケイソウ
 
コバイケイソウと剱岳(写真:2011年7月16日撮影)
コバイケイソウと剱岳
 
コバイケイソウの蕾(写真:2011年7月15日撮影)
コバイケイソウの蕾
 
コバイケイソウの花(写真:2013年8月07日8時07分 立山・室堂平にて撮影)
コバイケイソウの花
 
花の終わったコバイケイソウ(枯れたコバイケイソウの花、写真:2009年8月15日撮影)
花の終わったコバイケイソウ
 
雪解けと共に芽吹いたコバイケイソウ(写真:2017年6月22日10時19分撮影)
雪解けと共に芽吹いたコバイケイソウ
 
成長が始まったばかりのコバイケイソウ(写真:2015年6月13日13時44分 雪解けが始まった立山・室堂平にて撮影)
成長が始まったばかりのコバイケイソウ
 
2017年7月9日、コバイケイソウ(写真:2017年7月9日13時25分撮影)、群落として成長中
2017年7月9日、コバイケイソウ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:コバイケイソウ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.