いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物

ミヤマホタルイ


ミヤマホタルイは、カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草の高山植物です。
ミヤマホタルイの綿毛
学名:Scirpus hondoensis、和名:ミヤマホタルイ(深山蛍藺)
本州中部以北の亜高山帯の湿原や池沼に自生しています。立山周辺では弥陀ヶ原の池塘で見られます。高さは10cm〜40cm。葉は退化し茎の下部に鞘状につきます。花は卵形で、長さ4mmから7mm、数個付き葉の途中に付いている様に見えますが、花から上は苞葉(葉芽や花芽を包む偏平な葉のうち比較的大きいもの)です。地下茎は無く、株になっています。
 
ミヤマホタルイの株(写真:2012年8月9日、弥陀ヶ原にて撮影)
ミヤマホタルイ
 
ミヤマホタルイの花(写真:2012年8月9日、弥陀ヶ原にて撮影)
ミヤマホタルイの花
 
ミヤマホタルイの葉(写真:2012年8月9日、弥陀ヶ原にて撮影)
ミヤマホタルイの葉
 
池塘に群生するミヤマホタルイ(写真:2012年8月9日、弥陀ヶ原にて撮影)
池塘に群生するミヤマホタルイ
 
晩秋のミヤマホタルイ(写真:2012年10月13日撮影)
晩秋のミヤマホタルイ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:ミヤマホタルイ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.