いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 黄花系の高山植物 / キク科の高山植物

オタカラコウ


 オタカラコウは、キク科メタカラコウ属の多年草の高山植物です。
オタカラコウの花
学名:Ligularia fischerii、和名:オタカラコウ(雄宝香)
日本では、本州(福島県以西)、四国、九州に分布し、山地や深山の沢沿い、湿った草地、湿原に自生しています。花茎の高さは1メートルから2メートル程度になり、茎の上部に黄色い頭花を総状に咲かせます。総状花序の下から上へ開花していきます。1つの花には周りに大きな舌状花弁が5〜10枚程つきます。根出葉はフキに似て長い葉柄があり、心円形(腎心形)で径40cmから60cmになり、葉の縁は鋸歯状になります。茎につく葉の葉柄は茎を抱きます。
 
オタカラコウの株(写真:2012年8月9日、室堂から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
オタカラコウ
 
オタカラコウの花(写真:2012年8月9日、室堂から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
オタカラコウの花
 
オタカラコウの葉(写真:2012年8月9日、室堂から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
オタカラコウの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:オタカラコウ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.