いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物

ツマトリソウ


ツマトリソウは、サクラソウ科ツマトリソウ属の高山植物です。
学名:Trientalis europaea、和名:ツマトリソウ(褄取草)
北海道、本州、四国に分布し、亜高山の草地、半陰地、林縁に自生しています。茎の高さは10〜15cm。葉は茎に互生し、茎の上部に輪生状につきます。葉の形は広被針形で、先が尖り、葉身は長さ2〜7cm、幅1〜2.5cmになる。花期は6月から7月で、先端の葉腋から花柄を伸ばし、白色の1.5〜2cmの花を上向きに咲かせます。花冠は7弁に分かれて咲き、雄しべは7個、雌しべは1個あります。花の咲き始めは、花弁の先端に淡い紅色の縁が入ります。
 
ツマトリソウ(写真:2014年7月29日 雷鳥坂下部にて撮影)
ツマトリソウ
 
ツマトリソウ(写真:2011年7月14日撮影)
ツマトリソウ
 
雷鳥坂で見たツマトリソウの花(写真:2014年7月29日 雷鳥坂下部にて撮影)
雷鳥坂で見たツマトリソウの花
 
立山室堂平で見たツマトリソウの花(写真:2016年6月29日14時48分撮影)、立山室堂平にて
立山室堂平で見たツマトリソウの花
 
ツマトリソウの葉(写真:2016年6月29日14時49分撮影)、立山室堂平にて
ツマトリソウの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:ツマトリソウ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.