いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 大日連山

大日小屋


 大日小屋(だいにちごや)は、標高 2,426メートルの場所、大日岳中大日岳の鞍部(厳密には鞍部から中大日岳へ少し登った場所)に位置し、「ランプの小屋」として有名な山小屋です。大日連山の稜線にある唯一の山小屋です。大日小屋前の広場からの眺めが素晴らしく、目の前に大きく剱岳が見え、剱岳の左奥には北アルプス北部の稜線(朝日岳~白馬岳~鑓ヶ岳)を展望できます。大日小屋から大日岳大日岳の山頂までは30分、七福園までは40分です。大日平の東端にある大日平山荘から大日小屋までは登り 2時間30分、逆コースの大日小屋から大日平山荘までは下り 1時間50分です。
 大日小屋の営業期間は、通常は7月中旬から10月中旬まで(2014年は7月10日から10月12日まで)です。収容人員は36名、相部屋2室となっており、風呂やシャワーはありません。テント場はありません。携帯電話はドコモがつながります(ただし通じない場合もあり)。公式Webサイト:北アルプス 大日小屋
 2015年9月30日に称名平から大日岳への日帰り登山の時に大日小屋へ寄りました。山小屋前の広場で、オニギリ食べながら剱岳を堪能し、せっかく来たので、山小屋にチョビット入ってお土産を物色。ピンバッジが2種類売られており、「奥大日岳とチングルマおよびランプ」のピンバッジ(500円)を購入、もう1つのデザインは「大日岳とムシトリスミレ」でした。で、ふと受付を見るとLED電球が光ってました。恐る恐るLED電球を指差し「大日小屋って、ランプの小屋じゃないがけ~(富山弁)」、そうすると山小屋のお兄さんが真顔で「一部でランプ使っていますよ」との回答でした。食堂等ではランプを使用しているみたいですね。
 
大日小屋(写真:2015年9月30日12時42分撮影)
大日小屋
 
大日小屋 地図(地形図と概略地図および航空写真)、地図の赤線は大日岳から大日小屋と中大日岳を経て奥大日岳への登山道、橙色の線は大日小屋から大日平山荘への登山道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大日平山荘から大日小屋を経て大日岳への登山道の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
大日小屋と周辺コースポイント
  1. 大日小屋:標高 2,426m
  2. 大日岳 最高地点:標高 2,501m
  3. 大日岳 山頂:二等三角点「大日山」、標高 2,498.2m
  4. 中大日岳:標高 2,500m
  5. 七福園:標高 2,471m
  6. 2450mピーク
入口に掛けられている「大日小屋」の看板(写真:2015年9月30日12時42分撮影)
入口に掛けられている「大日小屋」の看板
 
大日小屋の西面(写真:2015年9月30日12時16分撮影)、大日平から登り、鞍部の分岐点を右に進むと山小屋の横(西面)に辿り着き、左へ進むと山小屋の入口があります。入口前はベンチが置かれた広場になっており、正面(北東側)には剱岳があります。
大日小屋の西面
 
大日小屋のピンバッジ
大日小屋のピンバッジ
 
大日小屋からの眺め ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
大日小屋から眺めた剱岳(写真:2015年9月30日12時43分撮影)
大日小屋から眺めた剱岳
 
大日小屋から眺めた大日岳(写真:2015年9月30日12時42分撮影)
大日小屋から眺めた大日岳
 
大日小屋から眺めた中大日岳(写真:2015年9月30日12時17分撮影)
大日小屋から眺めた中大日岳
 
大日小屋から眺めた鍬崎山(写真:2015年9月30日12時43分撮影)
大日小屋から眺めた鍬崎山
 
周辺の山から見た大日小屋 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
奥大日岳から尾根を西へ下った標高 2490m付近から遠望した大日小屋(写真:2011年7月15日9時37分撮影)
奥大日岳の北尾根から遠望した大日小屋
 
弘法から千寿が原まで続く探勝歩道にある大観台から見た大日小屋(写真:2014年10月19日10時16分撮影)
大観台から見た大日小屋
 
クズバ山への登山道の1690m地点の展望場所から見た大日小屋(写真:2014年10月30日9時53分撮影)
クズバ山への登山道の1690m地点の展望場所から見た大日小屋
 

 
大日連山
大日岳中大日岳奥大日岳大日小屋大日平山荘
登山記録
初めての奥大日岳登山秋色、奥大日岳登山秋の大日平へ秋色、大日岳登山
ページ先頭(大日岳登山:大日小屋)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.