いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 私の登山道具

登山用テント「モンベル クロノスドーム 1型」


 私が登山で使用しているテントは、モンベルの「クロノスドーム 1型」です。モンベルのテントは、比較的手頃な価格で軽量なダブルウォールのテントして、多くの登山者に利用されているようです。2010年に購入し、19,800円(消費税5%込み)でした。なお2014年10月現在、モンベルのWebサイトにあるクロノスドーム1型のページを見ると、税別で18,858円となっているので、消費税8%とすると 20,366円となります。
 私は毎年2回ほど(2泊3日か3泊4日)、立山・室堂近くの雷鳥平にある雷鳥沢キャンプ場(標高 2,277m)でテント泊をし周辺の山に登っています。室堂バスターミナルから雷鳥沢のキャンプ場まで行って(約1時間)、テントを設営し、剱岳へピストンや周辺の山を縦走をしています。モンベルの山岳テントといえば黄色の「ステラリッジテント」が主流なのですが、私は「どうせバスターミナルから雷鳥沢の往復だけ」との理由で、ステラリッジテントよりも重いけど(同じ1型(基本1人用)で較べると770g差)、値段の安い「クロノスドーム」を選択しました。2.24kgと多少重いのですが、床面積が220cm(長手 = 出入口)×100cm(幅)と一人用にしては比較的広々とした造りになっています。基本は一人用ですが、ザックを前室に出せば互い違いに二人が横になれるスペースがあります。
 
私の登山用テント:モンベル クロノスドーム 1型
登山用テント
 
「モンベル クロノスドーム 1型」について、モンベルWebサイトを引用 ==================================
製品説明
ポールを直角に交差させるという独自システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテント。ショックコードで、ポールとソケットが一体となっているので、素早い設営・撤収が可能です。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。本体用とポール用のスタッフバッグが付属します。
 
仕様
素材:
本体重量:1.95kg(2.24kg)※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
カラー:スカイブルー(SKB) / シトロンイエロー(CYL)
特徴:
構成:テント本体 1、フライシート 1、本体ポール 1本、張り綱 5本、ペグ14本
====================================================================================
 
 テントを建てる4本のポールがクロスソケットで一体化されており、折り畳んだポールをパタパタと展開し、インナーテントのフライシート4隅のハト目にポールの先端を差すことで、テントの骨組が完成します。とってもラクチンです。次いで立ち上がった骨組み(ポール)に、インナーテント・フライシートに12個(3個×4辺)ある止め具を引っ掛けると、インナーテントの完成です。次は、フライシートを掛け、フライシート裏側のマジックテープでポールにフライシートを固定します。フライシート四隅の細引きロープのループをポール先端部に引っ掛けます。四隅以外にも細引きロープのループを地面にペグ固定します。最後は、フライシートの中高部から5本張り綱をペグ固定します。テント設営が初めてでも、15分もあればテントを建てることができます。私のように縦走登山をしないのであれば、テント総重量2.24kgはなんとか我慢できるレベルだと思います。
 と最初はこのクロノスドームの重さを気にしていなかったのですが、年々私の登山装備が充実し、ザックが重くなり「やはりケチらずに、軽量のステラリッジテント」にすれば良かったと最近では反省しています。設営がラク、室内(特に天井)も広いので、重さが気にならない人には費用対効果が高くお勧めです。
 クロノスドームに付属しているのは、アルミ製丸ペグです。アルミペグで素材が比較的柔らかく、テント設営用ハンマーや石で硬い地面や石交じりの地面に無理やり打ち込むと、頭のクルンとなった場所等が曲がってしまいます。使い方が悪いのですが、私にはあっていないようです。そこで曲がり難い「V字ペグ(J-Stake製のカラーペグ)」を導入しました。一本が11.2グラムと軽量なのに、かなり頑丈で、私の常宿となっている立山の雷鳥沢キャンプ場の地面だと、どんなに石で力ずくで地面に刺しても曲がらないし、撤収時の抜き取りもスムーズです。
 
テント設営
グランドシートを敷きます。
まず小石をどかして、グランドシートを敷きます。四隅のコードを重しとして石を置くと風に飛ばされない。
グランドシートの上にインナーテントを置く
グランドシートの上にインナーテントを置く
インナーテントの上にテントポールを置く
インナーテントの上にテントポールを置く、ポールを立てることを考えて、インナーテントに対してバッテン(対角)にテントポールをおきます。
テントポールを立てる
テントポールを立てる。一人でも簡単に出来ます。四隅のコードにポール受けの丸穴があるので、ポール先端を挿すだけ、ポール先端はマッシュルーム型になっているので丸穴から抜け難い構造です。
インナーテントのフックをテントポールに掛けて、テントの立ち上げ
インナーテントのフックをテントポールに掛けて、テントの立ち上げ。当たり前ですがフックは天頂部から、引っ掛けていきます。
フライシートを被せます。
フライシートを被せます。フライシートの内側には、マジックテープがあるのでテントポールにテープを巻きつけて固定します。
設営完了
設営完了
 フライシートを被せたら、フライシートの裾にある四隅のフックをインナーシートとグランドシートのコードに引っ掛けてテンションをつけます。またフライシートの裾にある残りのコードはペグを使って地面に引っ掛けます。最後に5箇所に張り綱を通り場所があるので、それぞれ地面に対して張り綱を伸ばし、ペグで固定します。強風の心配がなければ、ペグを使わず大き目の石を使っても問題ありません。
 設営を始めて、記録のため写真を撮りながらノンビリやって、テント設営完了までの所要時間は「24分間」でした。このテントの場合、サクッとやれば一人でも15分以下でテントを立てられます。
 
テント関連の登山道具
グランドシート
グランドシート
テントマット
テントマット
テント用V字ペグ
テント用V字ペグ
テント設営用ハンマー
テント設営用ハンマー
 

 
私の登山道具
ザック登山靴テントシュラフヘルメット水筒・ハイドレーション登山用腕時計コンロと調理器具登山ズボンTシャツ登山用グローブ登山用タイツスパッツ靴下マップケース雪山装備スタッフバッグ漬物袋救急セットエマジェンシー・キット
ページ先頭(私の登山道具:テント)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.