いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物

エゾシオガマ


エゾシオガマはゴマノハグサ科シオガマギク属の多年草の高山植物です。
エゾシオガマの花
学名:Pedicularis yezoensis Maxim.、和名:エゾシオガマ(蝦夷塩釜)
本州の中部地方以北および北海道に分布し、高山の草地に自生しています。花期は8月から9月で、黄白色の唇形の横向きにねじれた花が、葉腋の下段から上段へと咲いていきます。茎は根際で分枝し、直立して草丈は20センチメートルから50センチメートルになります。葉は1センチメートルから2センチメートルの柄で茎に互生し、形は三角状披針形です。葉の先端は尖り、基部は切形、縁は重鋸歯です。葉身の長さは2センチメートルから6センチメートル、幅は5ミリメートルから2センチメートルです。
 
エゾシオガマおよびチングルマとクルマユリ(写真:2011年8月16日、一の越から東一の越の登山道にて撮影)
エゾシオガマ
 
エゾシオガマの花(写真:2012年8月9日、室堂から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
エゾシオガマの花
 
エゾシオガマの葉(写真:2012年8月9日、室堂から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
エゾシオガマの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:エゾシオガマ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.