いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物

イワイチョウ


イワイチョウは、ミツガシワ科イワイチョウ属の一属一種の多年草です。ミズイチョウ(水銀杏)の別名があります。
イワイチョウの花
真上から見たイワイチョウの花
学名:Fauria cristagalli (Menz.) Makino、和名:イワイチョウ(岩銀杏)
日本では北海道、本州の中部以北に分布し、多雪地の亜高山から高山にかけての湿原などに自生(群生することが多い)しています。花茎の高さは20センチメートルから40センチメートルあります。葉は根生し、厚い腎臓形で葉柄があり、縁は鋸歯状になっています。秋になると綺麗に黄葉します。花期は6月から8月までで、花茎の先に5裂する白色の花を数個咲かせます。私的いい感じに撮れた「イワイチョウの花」の写真。
 
イワイチョウの群生(写真:2008年7月30日撮影)
イワイチョウの群生
 
雪解け後、芽吹いたばかりのイワイチョウの群落(写真:2015年6月13日14時31分 立山・室堂平にて撮影)
雪解け後、芽吹いたばかりのイワイチョウの群落
 
イワイチョウの蕾(写真:2012年7月26日 雷鳥沢キャンプ場にて撮影)
イワイチョウの蕾
 
イワイチョウの花(写真:2009年8月15日撮影)
イワイチョウの花
 
イワイチョウの花の蜜を吸うコヒョウモン(蝶)(写真:2012年8月9日撮影)
イワイチョウの花の蜜を吸うコヒョウモン
 
2017年7月9日、イワイチョウの花(写真:2017年7月9日13時09分撮影)
2017年7月9日、イワイチョウの花
 
花の終わったイワイチョウ(写真:2012年7月26日 雷鳥沢キャンプ場にて撮影)
花の終わったイワイチョウ
 
冬目前、イワイチョウの実(写真:2012年10月13日撮影)
冬目前、イワイチョウの実
 
イワイチョウの葉(写真:2009年8月15日撮影)
イワイチョウの葉
 
一面、イワイチョウの若葉(写真:2015年6月13日14時32分 立山・室堂平にて撮影)
一面、イワイチョウの若葉
 
黄葉したイワイチョウの葉(写真:2010年8月7日撮影)
黄葉したイワイチョウの葉
 
標高2447mの薬師平でのイワイチョウの紅葉(写真:2014年9月3日 薬師平にて撮影)、正確には黄葉ですね。
薬師平でのイワイチョウの紅葉
 
イワイチョウの枯葉(写真:2012年10月13日撮影)
イワイチョウの枯葉
 
枯れ果てたイワイチョウの葉(写真:2013年9月28日撮影)
枯れ果てたイワイチョウの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:イワイチョウ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.