いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物 / ユリ科の高山植物

キヌガサソウ


 キヌガサソウは、ユリ科(メランチウム科)キヌガサソウ属の高山植物です。学名:Paris japonica、和名:キヌガサソウ(衣笠草)
 大きな葉を車輪状に広げる多年草です。高さは30〜80cmくらいになります。花期は6月から8月前半で、花片は6〜11枚で純白の直径6〜7cmくらいの花をつけます。花が終わると、花片は徐々に緑色を帯びます。葉は輪生し、茎に6〜11枚つき、形は長楕円形で、葉の縁は全縁です。
 
キヌガサソウ(写真:2011年7月14日 奥大日岳への登山道にて撮影)
キヌガサソウ
 

 
キヌガサソウの花
キヌガサソウの花
 
キヌガサソウの葉
キヌガサソウの葉
 
花の終わったキヌガサソウ(写真:2014年9月3日 薬師岳への登山道(薬師峠〜薬師平)にて撮影)
花の終わったキヌガサソウ
 
キヌガサソウの実(写真:2014年9月3日 薬師岳への登山道(薬師峠〜薬師平)にて撮影)
キヌガサソウの実
 
キヌガサソウの群落(写真:2016年7月12日撮影)、剱岳・早月尾根の早月小屋から2400m地点にて
キヌガサソウの群落
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:キヌガサソウ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.