いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 黄花系の高山植物 / キンポウゲ科の高山植物

シナノキンバイ


シナノキンバイはキンポウゲ科キンバイソウ属の多年草の高山植物です。
学名:Trollius japonicus Miq.、和名:シナノキンバイ(信濃金梅)
 北海道から中部地方以北の高山帯に生える高山植物で、雪渓が溶けたあとの湿った草原に生えます。草丈は20センチメートルから70センチメートルくらいになります。花期は7月から8月で、花は直径3センチメートルから4センチメートルのあざやかな黄色で、萼片が5枚から7枚ついており、萼片が花弁のように見えます。
 
シナノキンバイ(写真:2013年8月07日13時33分撮影)、立山室堂平にて、右後ろの白い花はチングルマです。
シナノキンバイ
 

 
シナノキンバイ(写真:2011年8月16日撮影)、一の越から東一の越の登山道にて
シナノキンバイ
 
シナノキンバイの花(写真:2011年8月7日撮影)
シナノキンバイの花
 
剱岳・早月尾根で見たシナノキンバイ(写真:2016年7月12日6時49分撮影)、剱岳・早月尾根の雪渓から2800m地点の間にて
剱岳・早月尾根で見たシナノキンバイ
 
シナノキンバイの実(写真:2011年8月16日9月27日撮影)
シナノキンバイの実
 
シナノキンバイの葉
シナノキンバイの葉
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:シナノキンバイ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.