いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 日本神話

イザナミ

いこまいけ高岡

 イザナミ(伊邪那美)は、日本神話に登場する女神です。天地開闢において神世七代の最後にイザナギ(伊邪那岐)とともに生まれた国土の創造神です。
 神話では、イザナミは火の神であるカグツチ(軻遇突智)を産んだために陰部に火傷を負って亡くなります。死後、イザナミは、自分に逢いに黄泉国までやってきたイザナギに腐敗した死体を見られたことを恥じ、恐怖で逃げるイザナギを追いかけます。しかし、イザナミに対してイザナギが黄泉国と地上の境である黄泉比良坂(よもつひらさか)で道を塞ぎ、追って来られなくし、イザナミとイザナギは離縁となりました。この後、イザナミは黄泉国の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれるようになりました。
 
新湊曳山 長徳寺 鏡板、右側の赤色の服を着た人物がイザナミ
イザナミ
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:イザナミ)へもどる。
日本の神話
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.