いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 日本神話

タヂカラオ


 タヂカラオ(アメノタヂカラオ、天手力男神)は、日本神話に登場する男神です。アマテラス(天照大神)の岩戸隠れの際は天の岩戸の脇に控え、アメノウズメ(天宇受売命)の踊りにアマテラスが岩戸から顔をのぞかせた時、アマテラスを引きずり出して、世界に明るさが戻ったと神話では伝えられています。タヂカラオという名前は「手の力の強い男神」という意味であり、腕力・筋力の象徴とされています。
 
新湊曳山 長徳寺 鏡板下の彫刻、右側の天の岩戸をこじ開ける男性がタヂカラオ
タヂカラオ
 

 
日本の神話
天の岩戸アマテラスオオミカミアメノウズメイザナギイザナミスサノオタヂカラオヤマトタケル神武天皇神功皇后応神天皇武内宿禰
ページ先頭(曳山意匠:タヂカラオ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.