いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 赤花系の高山植物

ハクサンチドリ


ハクサンチドリは、ラン科ハクサンチドリ属の高山植物(多年草)です。
ハクサンチドリの花
学名:Dactylorhiza aristata、和名:ハクサンチドリ(白山千鳥)
中部地方以北から北海道の高山帯の湿り気のある場所に自生しています。高さは10〜40cm。花期は6〜8月で茎の先端に総状花序の赤紫色の花を多数つけます。稀に白花のハクサンチドリもあります。花冠は唇形で、先端が3裂しています。和名は、石川県の白山に多いことと花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられたといわれています。
 
ハクサンチドリ(写真:2011年7月14日撮影)、奥大日岳から大日岳の登山道にて
ハクサンチドリ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:ハクサンチドリ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.