いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物 / リンドウ科の高山植物

トウヤクリンドウ


 トウヤクリンドウは、リンドウ科リンドウ属の多年草の高山植物です。学名:Gentiana algida、和名:トウヤクリンドウ(当薬竜胆)
 このトウヤクリンドウは、北海道から中部以北の高山帯の砂礫地や草地に自生しています。高さは10〜25cmくらいになり、花期は7月中旬から8月です。茎の先に2〜3個の長さ3〜4cmの上向きの花をつけます。花は淡黄色(薄緑色)の花弁に、緑色の斑点があります。かつては胃薬の薬草として利用されたことから「トウヤク(当薬)」の名前が付けられています。
 
トウヤクリンドウ(写真:2010年8月6日 真砂岳から別山の稜線にて撮影)
トウヤクリンドウ
 
トウヤクリンドウの花(写真:2011年8月15日 雷鳥坂にて撮影)
トウヤクリンドウの花
 
トウヤクリンドウの花と蕾(写真:2010年8月6日 真砂岳から別山の稜線にて撮影)
トウヤクリンドウの花
 
真上から見たトウヤクリンドウの花
真上から見たトウヤクリンドウの花
 
蕾が開き始めた状態のトウヤクリンドウ(写真:2012年7月25日 剱岳・別山尾根ルートの登山道にて撮影)
蕾が開き始めた状態のトウヤクリンドウ
 
トウヤクリンドウとミヤマアキノキリンソウ(写真:2010年8月6日撮影)
トウヤクリンドウとミヤマアキノキリンソウ
 
浄土山・龍王岳の北斜面で見たトウヤクリンドウ(写真:2016年8月13日11時05分撮影)、浄土山南峰から立山の一の越への登山道にある2770m地点のケルンから大岩越えへの間にて
浄土山・龍王岳の北斜面で見たトウヤクリンドウ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:トウヤクリンドウ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.