いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 白花系の高山植物 / キク科の高山植物

ヤマハハコ


 ヤマハハコは、キク科ヤマハハコ属の多年草の高山植物です。学名:Anaphalis margaritacea、和名:ヤマハハコ(山母子)
 このヤマハハコは、石川県から長野県以北の本州と北海道の高地に分布しています。山地の日当たりのよい草原や崩壊地などに分布しています。茎の高さは30センチから70センチほどになり、茎には灰白色の綿毛が密生しています。葉は細長く、葉の表面は光沢のある緑色です。花期は7月から8月です。秋になって、立ち枯れても白い花がそのまま残り、紅葉や晩秋の時期でもそれなりに見応えがあります。
 
ヤマハハコ(写真:2009年8月15日 室堂平から室堂山展望台への登山道にて撮影)
ヤマハハコ
 
雷鳥坂と別山乗越稜線を背にしたヤマハハコ(写真:2012年8月8日 室堂平にて撮影)
雷鳥坂と別山乗越稜線を背にしたヤマハハコ
 
ヤマハハコの花
ヤマハハコの花
ヤマハハコの蕾
ヤマハハコの蕾
ヤマハハコの葉
ヤマハハコの葉
ヤマハハコの茎
ヤマハハコの茎

 
芽吹いたばかりの新芽のヤマハハコ(写真:2015年6月13日9時09分 雪解けが始まった立山・室堂平にて撮影)、葉の表面も綿毛に覆われ未だ夏場のように光沢がありません。
芽吹いたばかりの新芽のヤマハハコ
 
2017年6月23日、ヤマハハコの新芽(写真:2017年6月23日15時19分撮影)
2017年6月23日、ヤマハハコの新芽
 
みくりが池周辺で見たヤマハハコ(写真:2010年8月6日 みくりが池の近くにて撮影)
みくりが池周辺で見たヤマハハコ
 
開花直前のヤマハハコ
開花直前のヤマハハコ
 
ヤマハハコの葉(写真:2011年7月15日撮影)
ヤマハハコの葉
 
晩秋の立ち枯れたヤマハハコ(写真:2012年10月13日 室堂平にて撮影)
晩秋の立ち枯れたヤマハハコ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:ヤマハハコ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.