いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 東大寺

東大寺 開山堂


 開山堂(かいざんどう)は、開山(初代住職)良弁の肖像を安置するための堂です。内陣は1200年(正治2年)、外陣は1250年(建長2年)の建築で、東大寺南大門とともに、大仏様(だいぶつよう)建築の数少ない遺構となっています。開山堂は、国宝に指定されています。
 開山堂の本尊木造良弁僧正坐像(国宝)は平安時代初期(9世紀)の作品です。普段は、一般公開されていませんが良弁の命日の12月16日のみ開扉され公開されます。
 
東大寺 開山堂(写真:2008年11月9日撮影)、二月堂から見た開山堂
東大寺 開山堂
 
東大寺 開山堂 地図(中央のポインターの場所が開山堂です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東大寺 開山堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(東大寺:開山堂)へもどる。
東大寺
 

 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.