いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市 > 東大寺

東大寺 大湯屋


 大湯屋(おおゆや)は、奈良時代に創建され、平安時代末期の1180年(治承4年)の兵火で焼失し、現在の建物は鎌倉時代初期の1197年(建久8年)に俊乗上人により再建された建築で、国の重要文化財に指定されています。1408年(応永15年)に惣深上人により修理が行われ、近年では1937年(昭和12年)に解体修理が行われています。内部に鉄湯船(国重要文化財)があります。
 
東大寺 大湯屋(写真:2009年10月24日撮影)
東大寺 大湯屋
 
東大寺 大湯屋 地図(中央のポインターの場所が大湯屋です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に東大寺 大湯屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
東大寺 大湯屋の写真
二月堂から見た大湯屋の屋根
二月堂から見た大湯屋の屋根
東側から見た大湯屋
東側から見た大湯屋
鬼瓦
鬼瓦
懸魚
懸魚(げぎょ)
 

 
ページ先頭(東大寺:大湯屋)へもどる。
東大寺
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.