いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 青花系の高山植物

イワギキョウ


イワギキョウは、キキョウ科ホタルブクロ属の多年草、高山植物です。
イワギキョウの花
学名:Campanula lasiocarpa、和名:イワギキョウ(岩桔梗)
北東アジアから北アメリカの亜高山帯〜高山帯に分布し、日本では、北海道から中部地方の高山の砂礫地や草地に群生しています。高さ10センチメートルほど、葉は束生で細長く、1.5センチメートルから3センチメートル、花期は7月から8月。草丈の割には大きな青紫色の花を横向きに咲かせます。イワギキョウとよく似た高山植物に「チシマギキョウ」があります。チシマギキョウの花には繊毛が生えており、繊毛があるかないかで本種には生えていないのでイワギキョウと見分けを付けます。
 
イワギキョウ(写真:2008年7月30日撮影)
イワギキョウ
 
イワギキョウの群生(写真:2010年8月6日、一の越から雄山への登山道にて撮影)
イワギキョウの群生
 
イワギキョウの花(写真:2011年8月16日撮影)、一の越から東一の越への登山道にて
イワギキョウの花
 
浄土山で見たイワギキョウ(写真:2016年8月12日10時05分撮影)、浄土山北峰から浄土山北峰の間にて
浄土山で見たイワギキョウ
 
イワギキョウの蕾
イワギキョウの蕾
 
花の終わったイワギキョウ(写真:2009年8月15日撮影)
花の終わったイワギキョウ
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:イワギキョウ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.