いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 弘法・千寿が原 探勝歩道

悪城の壁 最上部


 悪城の壁(あくしろのかべ) 最上部は、弘法方向にある滝見台から約240メートル、美女平方向にある下ノ小平休憩広場から約420メートルの場所にあります。称名川の川底から立ち上がる、一枚岩としては日本最大級の大断崖「悪城の壁」の最上部がこの場所です。弘法から下ってくると、右側はトラ縄が張られており、木が繁ってはいますが、枝や葉の向こうにはすぐ空が見え、下を覗くとずっと下に称名川や称名平へ続く称名道路が見えます。
 
悪城の壁 最上部(写真:2014年10月19日12時17分撮影)、下を覗いても悪城の壁の断崖は見えません、いやそのヤブ自体が悪城の壁・・・。
悪城の壁 最上部
 
悪城の壁 最上部 地図、地図の赤線は大観台から滝見台を経てぶな平休憩広場への登山道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に弘法・千寿が原 探勝歩道にある悪城の壁 最上部の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
悪城の壁 最上部と周辺の探勝歩道のコースポイント
  1. 1408m地点の休憩広場
  2. 1350m地点の休憩広場
  3. 1290m地点の休憩広場
  1. 滝見台:標高 1,250m
  2. 悪城の壁 最上部:標高 1,265m
  3. 下ノ小平休憩広場:標高 1,244m
  1. 三等三角点「無那平」1,228.9m
  2. ぶな平休憩広場:標高 1,195m
登山道脇にある「悪城の壁(県の史跡名勝天然記念物)」説明板
「ここは「悪城の壁(あくしろのかべ)」と呼ばれる、高さ約500mの大岩壁の最上部です。「悪」はけわしいの意味で、難攻不落の城壁にたとえたものでしょう。実際は、弥陀ヶ原を形成した火砕流台地を約10万年の歳月をかけて称名川の流れが侵食した跡です。」と書かれています。悪城の壁の写真と悪城の壁の断面図が描かれています。
登山道脇にある「悪城の壁(県の史跡名勝天然記念物)」説明板
 

 
弘法・千寿が原 探勝歩道(弘法から美女平を経て立山駅)ハイキング
弘法弘法公衆トイレ八郎坂下山口八郎坂上の休憩広場伏拝み1525mの休憩広場大観台上ノ小平休憩広場桑谷1408mの休憩広場1350mの休憩広場1290mの休憩広場滝見台悪城の壁 最上部下ノ小平休憩広場ぶな平休憩広場仙洞杉1176mの休憩広場美女平車道横断ベンチ美女平探勝歩道材木坂コース
ページ先頭(弘法・千寿が原 探勝歩道:悪城の壁 最上部)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.