いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 弘法・千寿が原 探勝歩道 / 称名滝

滝見台


 滝見台(たきみだい)は、弘法から千寿が原まで整備されている探勝歩道(登山道)の途中(コースポイントとしては、桑谷と美女平 車道横断ベンチの間)に位置し、標高 1,250メートルの場所にあります。この滝見台は、立山高原バスが走る立山黒部アルペンルートの車道沿いにあり、雨やガスがかかっていなければ、高原バスは停車し、乗客に称名滝を見せます。それほど、称名滝を眺めるには絶好ポイントとなっています。
 探勝歩道から称名滝が見える場所は、この滝見台を含めて3箇所(他は大観台伏拝み)ありますが、称名滝が一番素敵に見えるのはここ滝見台だと思います。なお午前中(特に朝)は、逆光となるので、景色全体が白っぽく見え、はっきりと滝は見えません。滝見台までハイキングをして、じっくり称名滝の写真を撮ろうとしましたが、バスがガンガン来て、停車し乗客が滝にカメラを向けるので、迷惑にならないようにバスが来るたびに脇へ隠れていたのですが、大変でした・・・。
 
滝見台から眺めた称名滝(写真:2014年10月19日12時12分撮影)
滝見台
 

 
高原バスの車窓から称名滝を撮った感じ(写真:2014年10月19日12時06分撮影)
高原バスの車窓から称名滝を撮った感じの写真
 
滝見台 地図、地図の赤線は大観台から滝見台を経てぶな平休憩広場への登山道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に弘法・千寿が原 探勝歩道にある滝見台の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
滝見台周辺の探勝歩道のコースポイント
  1. 桑谷:標高 1,390m
  2. 1408m地点の休憩広場
  3. 1350m地点の休憩広場
  1. 1290m地点の休憩広場
  2. 滝見台:標高 1,250m
  3. 悪城の壁 最上部:標高 1,265m
  1. 下ノ小平休憩広場:標高 1,244m
  2. 三等三角点「無那平」1,228.9m
  3. ぶな平休憩広場:標高 1,195m
荻原井泉水の句碑(写真:2014年10月19日撮影)「滝をおとし 全山木の葉を おとしおわり」
荻原井泉水が1962年(昭和37年)晩秋に弥陀ヶ原を訪れた時に詠んだ句で、紅葉が終わった静かな山の風景を詠っています。11月にもなると、標高 1,250メートルのここ滝見台でも雪が降るようになり、落葉樹の木々は葉を落とします。
荻原井泉水の句碑
 
西国33所観音 21番石仏(写真:2014年10月19日撮影)
滝見台には「聖観音菩薩」と「丸顔のお地蔵さん」の2つの石仏があります。聖観音菩薩の台座には、「文化八年(1811年)」の銘が彫られています。この2つの石仏は立山登拝の旧道に安置されていたものを、現在地に移設したものです。
西国33所観音 21番石仏
 
滝見台から眺められる山々と山小屋
天狗平山荘
天狗平山荘
富士の折立
富士の折立
天狗山
天狗山
関西学院大ヒュッテ
関西学院大ヒュッテ
国見岳
国見岳
浄土山
浄土山
龍王岳
龍王岳
鬼岳
鬼岳
獅子岳
獅子岳
 

 
弘法・千寿が原 探勝歩道(弘法から美女平を経て立山駅)ハイキング
弘法弘法公衆トイレ八郎坂下山口八郎坂上の休憩広場伏拝み1525mの休憩広場大観台上ノ小平休憩広場桑谷1408mの休憩広場1350mの休憩広場1290mの休憩広場滝見台悪城の壁 最上部下ノ小平休憩広場ぶな平休憩広場仙洞杉1176mの休憩広場美女平車道横断ベンチ美女平探勝歩道材木坂コース
ページ先頭(弘法・千寿が原 探勝歩道:滝見台)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.