いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 春の高山祭 > 屋台

麒麟台


 麒麟台(きりんたい、上一之町下組)は、数ある屋台彫刻の中でも傑作と称えられる谷口与鹿(たにぐち よろく)作の「唐子群遊彫刻(からこ ぐんゆう ちょうこく)」のある屋台です。
 屋台の創建は、不明です。1784年(天明4年)火災で焼失し、その後「よしの静」と呼ばれる屋台を製作し静御前と忠信の操り人形を載せていました。1813年(文化10年)改造を行い現在の名前である「麒麟台」と名前を改めました。1845年(弘化2年)巨費を投じて大改造(工匠:中川吉兵衛、彫刻:谷口与鹿(下段唐子)・中川吉兵衛(極彩色牡丹)、塗師:輪島屋藤兵衛)が行われ、大正10年の修理(彫刻:村山群鳳、塗師:田辺卯之助)によって現在の豪華絢爛な装飾をほどこした屋台が完成しました。
 
麒麟台 写真
麒麟台の屋台 全景
麒麟台
麒麟台 提灯屋台
麒麟台 提灯屋台
 
麒麟台 屋台の構成要素毎の写真
屋根
屋根
:切破風屋根
棟飾り
棟飾り
:麒麟
棟裏
棟裏

上段
上段

妻飾り
妻飾り
:牡丹の彫刻
上段の欄間
上段の欄間
:牡丹の彫刻
見送り幕
見送り幕
:司馬温公甕割図
中段
中段

大幕
大幕
:緋色一色
下段の彫刻
下段の彫刻
:唐子群遊
車輪
車輪
:四輪外御所車
 

 
春の高山祭 屋台
神楽台三番叟麒麟台石橋台五台山鳳凰台恵比須台龍神台崑崗台琴高台大国台青龍台屋台の構造説明
ページ先頭(春の高山祭:麒麟台)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.