いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 春の高山祭 > 屋台

鳳凰台


 鳳凰台(ほうおうたい、上二之町下組)の見所は、中段に張られた赤・濃紫・黄色のオランダ伝来とされる大幕、高さ237センチメートルある屋根にそそり立つ鉾、屋台の下段に付けられた8面の彩色が施された麒麟彫刻などです。
 鳳凰台の創建年代は不明ですが、1799年(寛政11年)に大黒天と七福神のからくり人形を大国台に譲り、天人の操り人形を作り「迦陵頻(かりょうびん)」と改名しました。1811年(文化8年)祭神に鹿島明神を祀った事から「鹿島(かしま)」と呼ばれました。1816年(文化13年)には「鳳凰台」と改名されました。その後、1833年(天保3年)の火災で大部分が焼失し、1836年(天保6年)から2年間かけて再建(工匠:原屋喜助、塗師:能登屋清八)され現在に至っています。1875年(明治8年)と大正時代に小規模な修理が行われ、1962年(昭和37年)から2年間かけて大修理が行われました。
 
鳳凰台 写真
鳳凰台の屋台 全景
鳳凰台
鳳凰台 提灯屋台
鳳凰台 提灯屋台
 
鳳凰台 屋台の構成要素毎の写真
屋根
屋根
:切破風屋根
棟飾り
棟飾り
:鳳凰
鉾
(龍頭剣)
上段
上段

妻飾り
妻飾り
:牡丹の彫刻
天幕
天幕

見送り幕
見送り幕

中段
中段

中段の大幕
中段の大幕
:毛織物
下段の彫刻
下段の彫刻
:麒麟
車輪
車輪
:四輪内板車
台紋
台紋:鳳凰の図案化
 

 
ページ先頭(春の高山祭:鳳凰台)へもどる。
春の高山祭 屋台
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.