いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 春の高山祭 > 屋台

三番叟


 三番叟(さんばんそう)屋台で人気なのが、台名ともなっている「三番叟」のからくり奉納です。謡曲「浦島」に合わせて、かわいい童子が機関樋(きかんどい、上部に突き出た棒=からくり人形を操作する綱を収納)を進み箱に顔を近づけ翁面を付け童子が翁に変身します。
 屋台の創建は、宝暦年間(1751年から1763年)で初め「恩雀(おんじゃく)」と呼んでいました。文化年間(1804年から1817年)に謡曲「浦島」を取り入れた操り人形に替えられ「三番叟」と改称されました。操り人形が翁に変身することから「翁台」とも呼ばれています。工匠・牧屋忠三郎によって1836年(天保7年)に大改造が行われ、大正時代初期にも修理が行われています。
 現在のからくり人形は4代目で1916年(大正5年)に京都で製作されたものです。初代の人形「恩雀人形」は組内祭神として現存しています。2代目「翁人形」は解体され現存せず、3代目「三番叟人形」は1913年(大正2年)の火災で焼失しています。
 
三番叟 写真
三番叟の屋台 全景
三番叟
三番叟 提灯屋台
三番叟 提灯屋台
 
三番叟 屋台の構成要素毎の写真
からくり人形
からくり人形

機関樋
機関樋

見送り幕
見送り幕
:壽(ことぶき)
屋根
屋根:切破風屋根

棟飾り
棟飾り:飛龍

妻飾り
妻飾り:龍の彫刻

大幕
大幕:緋色一色

下段の柱間壁面
下段の柱間壁面

車輪
車輪:四輪内板車

 

 
ページ先頭(春の高山祭:三番叟)へもどる。
春の高山祭 屋台
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.