いこまいけ高岡 立山の高山植物
いこまいけ高岡 > 立山 > 高山植物 > 黄花系の高山植物 / キク科の高山植物

ウサギギク


 ウサギギクは、キク科ウサギギク属の多年草、高山植物です。学名:Arnica unalascensis Less. var. tschonoskyi Kitam. et Hara、和名:ウサギギク(兎菊)、別名:キングルマ(金車)
 「ウサギギク」の名前は、葉の形がウサギの耳を連想させることに由来しています。本州中部以北・北海道・千島列島・アリューシャン列島の亜高山帯から高山帯に分布し、その草原地帯に生育しています。茎は単一で直立しており、高さは20センチメートルから30センチメートルほどになります。葉は茎の下部にあり対生(茎の中央部につく葉は互生となる場合が多い)でへら形。花期は7月から8月までで、黄色い花を一輪つけます。
 
ウサギギク(写真:2008年7月30日撮影)
ウサギギク
 
ウサギギクの花
ウサギギクの花
ウサギギクの花
ウサギギクの花(写真:2010年8月7日 室堂平にて撮影)
ウサギギクの花
 
ウサギギクの花(写真:2012年7月26日 室堂バスターミナル周辺にて撮影)
ウサギギクの花
 
ウサギギクの花(写真:2012年8月9日 室堂平から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
ウサギギクの花
 
ウサギギクの花(写真:2012年8月9日 室堂平から弥陀ヶ原への登山道にて撮影)
ウサギギクの花
 
ウサギギクの葉(写真:2008年7月30日撮影)
ウサギギクの葉
 
ウサギギクおよびタテヤマリンドウイワイチョウ
ウサギギクおよびタテヤマリンドウとイワイチョウ
 
寄り添って咲くウサギギク(写真:2014年9月3日 薬師岳への登山道(薬師峠キャンプ場〜薬師平)にて撮影)
寄り添って咲くウサギギク
 
花の終わったウサギギク(写真:2016年8月12日8時17分撮影)、室堂ターミナルから室堂山荘前の分岐の間にて
花の終わったウサギギク
 

 
立山 高山植物図鑑
花の色別: 白花系黄花系青花系赤花系黒や橙色や黄緑色
花の種類別: キク科キンポウゲ科セリ科ツツジ科バラ科ユリ科リンドウ科
ページ先頭(立山の高山植物:ウサギギク)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.