いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 仙人

林霊素 仙人


 林霊素(りんれいそ)は、中国・北宋の仙人と伝えられています。北宋第8代皇帝・徽宗に仕え、多くの仙術を皇帝に披露したといわれています。その中には、水を口に含み、空中に吐き出すと五色の雲とともに金色の龍が現れたという仙術があります。
 
伏木曳山 上町 高欄左面
林霊素
 

 
中国の仙人
張果老呂洞賓李鉄拐馬師皇蝦蟇仙人伯陽郝大通菊慈童琴高黄安黄石公黄初平王子喬林霊素劉晨・阮肇西王母沈羲・賈氏蕭史董奉張九哥伯牙
ページ先頭(曳山意匠:仙人 林霊素)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.