いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 仙人

仙人 劉晨・阮肇

いこまいけ高岡

 劉晨・阮肇(りゅうしん・がんちょう)は、後漢時代の人と伝えられています。ある時、二人は山で迷い、二人の婦人に招かれてとある家に世話になることになりました。半年後、二人は故郷のことが気になり婦人の家を出て故郷へ帰ります。しかし故郷は荒れ果て、知り合いも誰も居ませんでした。二人は慌てて婦人の家に戻ろうとしたのですが、婦人の家も消えてありませんでした。
 
伏木曳山 本町 高欄背面
劉晨・阮肇
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:仙人 劉晨・阮肇)へもどる。
仙人
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.