いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 仙人

董奉 仙人


 董奉(とうほう)は、中国が魏呉蜀に別れていた三国時代の仙人です。人間界に300年ほど住み、病気の人々の治療をしたと伝えられています。300年も人間界に居ましたが、仙人であるため董奉の姿は歳をとることがありませんでした。董奉の傍らには常に虎がおり、害をなす者には襲いかかり、困っている者は助けたと云われています。
 
伏木曳山 上町 高欄左面
伏木曳山 上町 高欄の董奉
京都御所 建礼門の蟇股
董奉
 

 
中国の仙人
張果老呂洞賓李鉄拐馬師皇蝦蟇仙人伯陽郝大通菊慈童琴高黄安黄石公黄初平王子喬林霊素劉晨・阮肇西王母沈羲・賈氏蕭史董奉張九哥伯牙
ページ先頭(曳山意匠:仙人 董奉)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.