いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 仙人

馬師皇 仙人


 馬師皇(ばしこう)は、中国の神話時代・黄帝の頃(紀元前25世紀)に馬の医者だったといわれる伝説上の人物です。馬師皇が診察した馬はたちまち元気になったといわれるほどの名医でした。ある時、龍が空から降り、馬師皇の診察を求めると、たちどころに診断を下し治療を行い龍の病を治しました。後に、馬師皇は龍の背に乗り、何処とも無く姿を消したそうです。
 
八尾曳山 下新町 八枚彫
馬師皇
 

 
中国の仙人
張果老呂洞賓李鉄拐馬師皇蝦蟇仙人伯陽郝大通菊慈童琴高黄安黄石公黄初平王子喬林霊素劉晨・阮肇西王母沈羲・賈氏蕭史董奉張九哥伯牙
ページ先頭(曳山意匠:仙人 馬師皇)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.