いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 仙人

菊慈童 仙人


菊慈童(きくじどう)または枕慈童(まくらじどう)は、中国の仙人です。菊が咲き乱れる場所に慈童という童顔の仙人がおり、700年生きていると云われています。菊慈童仙人の持つ枕には「法華経」の文句が書いてあり、その句を菊の葉に写して川の流れに浮かべると、葉にのった雫が不老不死の薬となり、慈童はそれを飲んでいました。この説話から、菊水が長寿の象徴とされ、縁起の良いものとされています。日本酒などで「菊」の名前が多く使われるのはこのためです。日本では、菊慈童が能の題材に取り入れられています。
 
伏木曳山 石坂町 後屏
菊慈童
 
新湊曳山 四十物町 王様
菊慈童
 

 
中国の仙人
張果老呂洞賓李鉄拐馬師皇蝦蟇仙人伯陽郝大通菊慈童琴高黄安黄石公黄初平王子喬林霊素劉晨・阮肇西王母沈羲・賈氏蕭史董奉張九哥伯牙
ページ先頭(曳山意匠:仙人 菊慈童)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.