いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭 > 屋台

行神台


 行神台(ぎょうじんたい、下三之町)の上段の飾り人形は「役の行者(えん の ぎょうじゃ、修験道の開祖とされ飛鳥時代から奈良時代の呪術者(実在の人物))」です。祭神とするようになったのは、昔この地に一人の行者が住みつき、お堂を建てて役の行者を祀ったことに由来しています。栗材の台輪(屋台下部にある枠型)は全屋台中唯一のもので、中段の朱塗りの玉垣(たまがき)も行神台屋台独自の形式です。上段高欄の四隅には密教の法具「五鈷」があり、修験道に因んだ装飾があります。
 行神台の創建年代は不明です。八幡祭の屋台行列の始まりといわれる1718年(享保3年)に、屋台4台が曳かれ、その内の1台「湯の花」から分かれて創建されたと伝えられています。1831年(天保2年)に改修が行われています。1875年(明治8年)の大火で一部を焼失し、1883年(明治16年)に恵比須台より屋台の部品を譲り受け再興しました。その後、1903年(明治36年)以降は、破損のため休台しましたが、1951年(昭和26年)に大修理を行い50年ぶりに復活しましたこの時に屋台蔵も創建されました。
 
行神台 写真
行神台の屋台 全景
屋台 行神台
行神台 提灯屋台
提灯屋台 行神台
 
行神台 屋台の構成要素毎の写真
飾り人形
飾り人形
:役の行者
羅網
板瓔珞
(羅網)
金具
金具

切破風屋根
屋根
:切破風屋根
妻飾り
妻飾り
:鳳凰
棟飾り
棟飾り
:千木
上段
上段

上段の天井(朱漆格子に金箔天井)
上段の天井

上段の天幕
上段の天幕
:簾
中段
中段

中段欄間
中段欄間
:三盛亀甲
大幕
大幕
:緋羅紗
毛房
毛房

中段高欄
中段高欄

伊達柱
伊達柱

下段
下段

下段彫刻
下段彫刻

車輪
車輪
:四輪内板車
 

 
ページ先頭(行神台 屋台)へもどる。
秋の高山祭 屋台
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.