いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭 > 屋台

豊明台


 豊明台(ほうめいたい、大新町一丁目二之新町組)は、屋台芸術の粋を凝らした豪華絢爛な装飾が見所です。切破風屋根を飾る大きな鳳凰と三つの宝珠、欄間を埋め尽くす極彩色の菊花(上段部)や牡丹彫刻(中段部)、中段白彫りの十二支の彫刻、下段の唐獅子彫刻などの美しい造形美が人気です。屋台名は、桜山八幡宮の主祭神である応神天皇の御名「豊明宮(とよあけのみや)」からとったと言われています。
 豊明台の創建年代は不明です。初めは「芦刈」と呼び、能「芦刈」の操り人形がありましたが、後に操り人形は廃されました。1837年(天保8年)に祭神として応神天皇を祀り、屋台名を「豊明台」に改称しました。この当時は、八角形の高御座を模した台形になっていました。1902年(明治35年)に高御座の名残りを中段にのみ残し大改造(工匠:村山民次郎、塗師:小谷正三郎、彫刻:村山群鳳)され現在に至っています。
 
豊明台 写真
豊明台の屋台 全景
屋台 豊明台
豊明台 提灯屋台
提灯屋台 豊明台
 
豊明台 屋台の構成要素毎の写真
切破風屋根
屋根
:切破風屋根
棟飾り
棟飾り
:鳳凰
妻飾り
妻飾り
:菊の彫刻
上段
上段

上段の天井
上段の天井
:金箔平天井
上段の天幕
天幕
:簾
中段
中段

板瓔珞(羅網)
板瓔珞
(羅網)
大幕
大幕
:緋羅紗
中段高欄 十二支の彫刻
中段高欄

中段欄間
中段欄間
:牡丹の彫刻
毛房
毛房

下段
下段

下段彫刻
下段彫刻

下段柱
下段柱

車輪
車輪
:四輪外御所車
下段の唐獅子彫刻
彫刻

金具
金具

 

 
秋の高山祭 屋台
神楽台布袋台金鳳台大八台鳩峯車神馬台仙人台行神台宝珠台豊明台鳳凰台屋台の構造説明
ページ先頭(秋の高山祭:豊明台 屋台)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.