いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭 > 屋台

大八台


 大八台(だいはちたい、下一之町下組)は、屋台を支える黒漆塗りで金具付きの三輪御所車が見所で、外二輪は直径1.56メートルの大きさ(高山屋台で最大)です。御所車を俗に大八車と呼ぶことから、それが台名となりました。また屋台囃子「大八曲」はここの屋台組が作曲したもので、大八曲を編曲した「大八崩し」は多くの屋台組で使われています。屋台の屋根にある棟飾りには、両端に八幡と春日大神を表す大きな金幣束が立っています。中段は幕を張らず、御殿風の吹き抜けになっています。以前はここで雪洞を灯し、青、緑、桃色の直衣烏帽子をまとった六人の楽人(童子)が大八の曲を優雅に奏しました。
 屋台は、1718年(享保3年)「煌々」と呼ばれ、1804年から1818年(文化年間)に文政台組と分かれ、1818年(文政元年)に高山で最初の三輪の屋台として創建(工匠:光賀屋清七、塗師:輪島屋儀兵衛)されました。1908年(明治41年)に大改修(工匠:村山民次郎、塗師:田辺卯三郎)が行われています。
 
大八台 写真
大八台の屋台 全景
屋台 大八台
大八台 提灯屋台
提灯屋台 大八台
 
大八台 屋台の構成要素毎の写真
切破風屋根
屋根
:切破風屋根
棟飾り
棟飾り
:金幣束
妻飾り
妻飾り
:龍
上段
上段

上段の天幕
上段の天幕
:紫の幕に鏡
几帳
几帳

中段
中段

中段格子天井
中段格子天井

大幕
大幕
:緋羅紗にしめ縄
中段伊達柱
中段伊達柱

中段高欄
中段高欄

金具
金具

下段
下段

下段幕
下段幕

車輪
車輪
:三輪外御所車
 

 
ページ先頭(大八台 屋台)へもどる。
秋の高山祭 屋台
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.