いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭 > 屋台

鳩峯車


 鳩峯車(きゅうほうしゃ、下二之町上町)の見所は、屋台中段の左右を飾る西洋人を描いた胴幕です。エキゾチックな図柄で異彩を放っています。さらに、屋台正面中段の雲龍の図、明古渡りで中国の人物を描いた見送り幕(秋の高山祭の屋台では唯一)なども必見です。四方を華やかに飾るこれらの綴れ織錦は、高山祭の屋台の中でも屈指の逸品とされています。
 鳩峯車の屋台は、当初の名前を「大津絵」と言い、1747年(延享4年)の創建と推定される非常に古い屋台です。当時は「外法の梯子剃り」と呼ばれる福禄寿と唐子のからくり人形がありました。1799年(寛政11年)に改造が行われました。1835年(天保6年)に再改造(工匠:牧野屋忠三郎、塗師:古川源右衛門、丹波屋治兵衛)され、この時に唐破風屋根を切破風屋根に、車四輪を三輪外御所車とし、男山八幡宮に因み台名を「鳩峯車」と改称しました。1895年(明治28年)に大改修を行っています。
 
鳩峯車 写真
鳩峯車の屋台 全景
屋台 鳩峯車
鳩峯車 提灯屋台
提灯屋台 鳩峯車
 
鳩峯車 屋台の構成要素毎の写真
切破風屋根
屋根
:切破風屋根
棟飾り
棟飾り
:千木
妻飾り
妻飾り
:瑞雲に日輪と月輪
上段
上段

上段欄間
上段欄間

上段の天井
上段の天井
:金箔平天井
上段の天幕
天幕
:簾
房飾り
房飾り

見送り幕 本祭と宵祭用の2枚
見送り幕
:本祭 / 宵祭
中段
中段

雲龍の図
正面中段の雲龍の図

屋台中段の胴幕
屋台中段の胴幕

中段高欄
中段高欄

中段背面の簾
中段背面の簾

下段
下段

車輪
車輪
:三輪外御所車
彫刻
彫刻

金具
金具

 

 
ページ先頭(鳩峯車 屋台)へもどる。
秋の高山祭 屋台
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.