いこまいけ高岡
いこまいけ高岡

桜谷古墳


 桜谷古墳(さくらだに こふん)は、国指定史跡です。大正7年に発見され大正13年まで発掘が行われました。調査の結果、前方後円墳が2基と円墳が7基が確認され多数の遺物が発見されました。出土品は、東京国立博物館と高岡市立博物館に収蔵されています。
 前方後円墳2基(5世紀初頭以前の築造)は史跡公園として整備され現存しています。規模の大きさと出土品の多さから、北陸地方最大級の古墳です。1号墳は、完全な形で残っており、古墳としての見ごたえがあります。2号墳は後円部分しか残っていませんが、円部頂上に登ると1号墳を見渡すことができ、近くの雨晴海岸を望むことができます。歩いて行ける範囲に「国の重要文化財 武田家住宅」があります。
 富山県内の有名な古墳としては、この桜谷古墳の他に、柳田布尾山古墳(氷見市、国指定史跡)、王塚・千坊山遺跡群(富山市・国指定史跡)の王塚古墳勅使塚古墳若宮古墳(小矢部市・県指定史跡)などがあります。
 
桜谷古墳 地図
桜谷古墳 地図
場所:富山県高岡市太田
 
行き方:JR氷見線 雨晴駅から徒歩10分、能越自動車道 高岡北インターから車で20分
 
桜谷古墳 写真
桜谷古墳 1号墳
桜谷古墳 1号墳
国道415号線から
左:後円、右:前方部分
2号墳より見た1号墳
2号墳より見た1号墳
手前が前方、奥が後円部分
1号墳
桜谷古墳 2号墳
桜谷古墳 2号墳 周りは畑
周りは畑が広がり、
雨晴海岸に近い
陸橋の下の古墳
陸橋の下の古墳 県道(現 国道415号線)工事の際に発見された円墳です。保存するために陸橋が作られ、わずかな隙間から円墳の形を見ることができます。知らなければ、完全に見過ごすこと間違え無し・・・
 

 
高岡観光名所
雨晴海岸瑞龍寺高岡大仏山町筋金屋町高岡古城公園勝興寺万葉線伏木二上山吉久の町並み高岡市南部高岡市北西部福岡町神社仏閣博物館・美術館史跡祭り文化財近代建築物地図
ページ先頭(高岡:桜谷古墳)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.