いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

竹林の七賢


 竹林の七賢(ちくりん の しちけん)は、3世紀(三国時代)の中国・魏の時代末期にいたと伝えられる7人の賢人です。具体的には、阮籍(げんせき)、嵆康(けいこう)、山濤(さんとう)、劉伶(りゅうれい) 、阮咸(げんかん)、向秀(しょうしゅう)、王戎(おうじゅう)の7人です。俗世から離れ、自由奔放な言動をしていたとされています。このため曳山の意匠としては、「竹林の中に集う7人」の姿で表されることが多いです。
 
八尾曳山 諏訪町 八枚彫
竹林の七賢
 
石動曳山 南上野町 後屏
竹林七賢人
 
新湊曳山 立町 高欄背面
竹林の七賢人
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:竹林の七賢)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.