いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

漢武帝


 漢武帝(かん の ぶてい、紀元前156年生 - 紀元前87年没)は、中国・前漢の第7代皇帝です。初代皇帝高祖劉邦の曾孫に当たります。治世前期には、匈奴を打倒し前漢の版図が最大のものになり、中国史上においても栄光の時代の一つに数えられています。ただし、治世後半は外征などの大事業の負の側面として社会が疲弊し反乱が多発しました。世界的に有名な古代中国の歴史書「史記」を著した司馬遷もこの時代の人です。
 
伏木曳山 本町 後屏
漢武帝
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:漢武帝)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.