いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

樊噲


 樊噲(はんかい、生年? - 紀元前189年没)は、中国の前漢初期の武将です。沛公(のちの前漢の初代皇帝となった劉邦)と同じ沛県の人で、沛公に仕え数多くの武勲を挙げたました。最も有名な武勲は、この大彫の題材にもなっている「鴻門の会」です。鴻門の会は、秦を滅ぼした項羽が鴻門において劉邦を暗殺しようと開いた宴でおきた事件です。本営の中で行われた剣舞の時に劉邦が殺されそうになった時、本営の外に待機していた警固役の樊噲が異変に気付き、門を破り本営に入り劉邦を無事救い出しました。この功績により劉邦が漢王になった後に臨武侯に封じられました。
 
八尾曳山 諏訪町 大彫
樊噲
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:樊噲)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.