いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

桓帝


 桓帝(かんてい、132年生 - 167年没)は、中国・後漢の第11代皇帝です。14歳で即位し、21年間国を治めましたが治世の大半は、梁冀(りょうき)や宦官が政治を支配しました。宦官の専横は、後の黄巾の乱の要因となり、後漢の滅亡への道が始まったと歴史上いわれています。桓帝の治世は評判が悪く、後世には「暗愚の王」と評価されています。
 
八尾曳山 下新町 八枚彫、政治が上手くいかず琴を弾いて現実逃避する?桓帝
桓帝
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:桓帝)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.