いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

林和靖


 林和靖(りん なせい、967年生 - 1028年没)または林逋(りん ぽ)は、中国・宋代の詩人です。西湖近くの山奥に暮らし、20年以上俗世から離れて暮らしたと伝えられ、妻帯せず、「梅が妻、鶴が子(梅を妻のように愛し、鶴を飼って子供とする)」と言っていたそうです。
 
八尾曳山 下新町 八枚彫
林和靖
 
八尾曳山 諏訪町 八枚彫
林和靖
 
石動曳山 柳町 高欄彫刻、左側の鶴に乗っているのが林和靖
林和靖
 
その他: 氷見祇園祭 地蔵町 高欄伏木曳山 上町 高欄左面
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:林和靖)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.