いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山意匠 > 中国人物像

老子

いこまいけ高岡

 老子(ろうし)は、中国の春秋時代(紀元前5世紀頃)の思想家です。道教の思想書である「老子(老子道徳経)を著したとされ、荘子と並んで道教の開祖とされる人物です。また道教では、老子が西方(インド)の地で釈迦となり仏教を興したという説(化胡説)があります。
 
八尾曳山 諏訪町 八枚彫、孔子・老子・釈迦の三聖です。
老子
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:老子)へもどる。
中国の人物
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.