いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国人物像

老子


 老子(ろうし)は、中国の春秋時代(紀元前5世紀頃)の思想家です。道教の思想書である「老子(老子道徳経)を著したとされ、荘子と並んで道教の開祖とされる人物です。また道教では、老子が西方(インド)の地で釈迦となり仏教を興したという説(化胡説)があります。
 
八尾曳山 諏訪町 八枚彫、孔子・老子・釈迦の三聖です。
老子
 

 
中国の人物
神農堯王許由巣父周武王周文王太公望孔子曾子顔回老子荘子張良樊噲漢武帝桓帝劉備関羽張飛諸葛亮孔明周倉竹林の七賢陶淵明白居易林和靖司馬温公鄭成功
ページ先頭(曳山意匠:老子)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.