いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 閔子騫


 閔子騫(びんしけん)は、幼い時に母を亡くし、父が再婚して異母弟二人が出来ました。義母は実子二人を愛し、継子の閔子騫を可愛がらず、自分の子には冬には綿入りの着物を与えましたが、閔子騫には蘆(あし)の穂を入れた着物しかを与えませんでした。閔子騫が寒さに凍えるのを見て、父が義母を離縁しようと言いますが閔子騫は「母上が去られては、三人の子供は凍えます。私一人が凍えていれば、弟二人は暖かいのでどうか離縁しないで下さい」と懇願しました。義母はこれに感激し、以後は実母の様に閔子騫を可愛がったと伝えられています。
 
八尾曳山 今町 八枚彫
閔子騫
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
閔子騫
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
閔子騫
 
その他: 海老江曳山 西町 上山高欄 右面
 

 
中国二十四孝
陸績田真兄弟剡子蔡順閔子騫黄香呉猛楊香張孝兄弟丁蘭王裒王祥姜詩孟宗郭巨董永舜王漢文帝山谷庾黔婁朱壽昌曾参唐夫人老莱子
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 閔子騫)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.