いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 閔子騫

いこまいけ高岡

 閔子騫(びんしけん)は、幼い時に母を亡くし、父が再婚して異母弟二人が出来ました。義母は実子二人を愛し、継子の閔子騫を可愛がらず、自分の子には冬には綿入りの着物を与えましたが、閔子騫には蘆(あし)の穂を入れた着物しかを与えませんでした。閔子騫が寒さに凍えるのを見て、父が義母を離縁しようと言いますが閔子騫は「母上が去られては、三人の子供は凍えます。私一人が凍えていれば、弟二人は暖かいのでどうか離縁しないで下さい」と懇願しました。義母はこれに感激し、以後は実母の様に閔子騫を可愛がったと伝えられています。
 
八尾曳山 今町 八枚彫
閔子騫
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
閔子騫
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
閔子騫
 
その他: 海老江曳山 西町 上山高欄 右面
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 閔子騫)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.