いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 黄香


 黄香(おうこう)の故事
黄香は母を亡くし、残された父によく仕えました。夏の暑い時には枕や椅子を団扇であおいで熱を冷まし、冬の寒い時には布団が冷たいのを心配し、自分の身体で暖めました。これを知った安陵(現在の中国湖北省)の太守・劉讙は、孝行第一の人と高札を立てて黄香の孝行を褒め称えました。
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
黄香
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
黄香
 

 
中国二十四孝
陸績田真兄弟剡子蔡順閔子騫黄香呉猛楊香張孝兄弟丁蘭王裒王祥姜詩孟宗郭巨董永舜王漢文帝山谷庾黔婁朱壽昌曾参唐夫人老莱子
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 黄香)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.