いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 黄香

いこまいけ高岡

 黄香(おうこう)の故事
黄香は母を亡くし、残された父によく仕えました。夏の暑い時には枕や椅子を団扇であおいで熱を冷まし、冬の寒い時には布団が冷たいのを心配し、自分の身体で暖めました。これを知った安陵(現在の中国湖北省)の太守・劉讙は、孝行第一の人と高札を立てて黄香の孝行を褒め称えました。
 
石動曳山 下糸岡町 舞台下彫刻
黄香
 
氷見祇園祭 南上町 高欄彫刻
黄香
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 黄香)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.