いこまいけ高岡 > 富山の曳山 > 曳山意匠 > 中国二十四孝

中国二十四孝 董永

いこまいけ高岡

 董永(とうえい)は、幼い時に母と別れ、家は貧しくいつもの雇われ仕事の小銭で日々暮らしていました。父は足が悪かったので、小さな車を作って父を乗せて田んぼのあぜまで連れて行き、農作業をしていていました。そして父が亡くなると葬式をしたいと思ったが、貧しいのでお金がありません。そこで、身売りをしてその金で葬式を出しました。身請け主の所へ行こうとすると、途中で一人の美女が現れ、その美女は「私は董永の妻となるべく、絹を織って身請け主に届け許されました」と告げました。そして董永の妻となり、最後に「私は天の織姫ですが、貴方の孝行な心に感じて天が私にお命じになりました」と言い、天に帰って行きました。
 
八尾曳山 今町 八枚彫
董永
 
新湊曳山 奈呉町 鏡板
董永
 
氷見祇園祭 南上町 高欄
董永
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:中国二十四孝 董永)へもどる。
中国二十四孝
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.